1月18日付けのNHK「クローズアップ現代」歯科インプラント トラブル急増の理由

  NHKの番組 「クローズアップ現代」   ( 歯科インプラント トラブル急増の理由 ) 

 皆さんは どう思われましたか?  すぐに専門歯科医の先生たちから いろんなメールが届きました。 

      諫早インプラントセンター、島原インプラントセンターの上田です。

 長崎県でも 私にように 海外の学会や 研修に 参加される先生が いるとは思いますが、
  さすがに「業者の4日間の研修」 インプラントの手術は行っていないでしょう。 
長崎大学もインプラント科(旧補綴第一教室=金冠を作る科)がありますが 学生教育はまだなされていないのも事実です。

 死亡例の70歳の女性もCTによる 診断がなされてなかったと聞きます。
 
 患者さんには残念ですが、執刀医は東京で年間何千本もインプラントをやられている歯科医師だそうです。

不安を煽る報道も、今の インプラントを取り巻く状態に 警告を鳴らすものだと思います。

しっかりした、技術に基づいた インプラント手術の実施に 患者さんだけでなく 我われ専門歯科医の 安心・安全が あると思われてなりません。

 せめて長崎県の レベルを グローバルスタンダードに近づけるためにも 自身の精進だけでなく 後進の指導にと新たに気を引き締める思いです。

 なお、番組中の、顎の神経に突き抜けたインプラント体ですが、凄く強調されていましたが CTが有れば 絶対に起きません。

 今日も インプラント手術を行いました。 その顎の神経上にまで 化膿が進んで骨が溶けている人でしたが、 

 
CTで診断し、コラーゲンスポンジで神経管と緩衝し、
 患者さんから採取したフィブリンゲルとフィブリン液を混ぜた人工骨添加材を使ってインプラント植立の手術を 終えました。  
技術も進んでいます。  

海外でも エビデンスに基づいた 手技が 発表されています。

 今年もまた、 アメリカに 2度 研修に 行ってきます。名簿に長崎県の先生がいなかったので長崎県の代表として 自分と 皆さまの安心と安全のために。