プラセンタ療法

  • 投稿日:2013.07.17
  • カテゴリー:未分類


こんにちは。諫早市諫早インプラントセンターです。

みなさんは「プラセンタ療法」て聞かれた事ありますか?

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を注射・内服などにより治療に用いる療法の総称を「プラセンタ療法」といいます。

胎盤の役割は母体の中にあって、まだ人間として一本立ちしていない胎児と母親を結び、栄養分を胎児に運び、さらにホルモン分泌するほか毒物などの浸入から胎児を守る免疫機能の役割もはたしています。

その、プラセンタエキスを体内に吸収することにより、
全身の状態はもとより、歯ぐきの状態の改善を図ることができます。

私も年齢のせいか(※45歳を数年前にすぎました
 ^^;)、完璧に磨いているつもりでも、時々歯ぐきから出血する時があったのですが、プラセンタとビタミンC注射の併用を1ヶ月ほど行い、歯ぐきの出血はもとより、全身状態もすこぶるよろしいです♪

興味のある方はぜひ、スタッフにお声掛け下さい。