インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れは基本的に下記のような流れになります。状況やケースによって多少異なる事はございますが、
基本的な流れを説明いたします。

1.審査

治療期間:即日 3分前後

病歴・健康状態の問診、口の中の検査、レントゲン写真やCT、歯型の採取などを行います。

2.診断

治療期間:即日 10分~30分

治療方針の決定と説明を行います。
失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法にもさまざまな選択肢があります。

歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討したうえで、治療計画がたてられます。不安なことや、分からないことはどんどんご質問ください。

3.手術

一次インプラント手術

治療期間:

  • 上顎の場合 3~4ヶ月
  • 下顎の場合 2.5~3ヶ月
  • 骨再生が必要な場合 上記期間+6~8ヶ月

歯肉を切開し、顎の骨に専用ドリルでインプラントを埋入する孔を形成します。
その後にインプラントの歯根部を骨に開けた孔に埋入して、支台部を取り付け縫合します。

二次インプラント手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける支柱(アバットメント)を装着します。この支柱は仮歯や最終的な人工歯とインプラント体をつなげる役目をします。この状態で歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

人工の歯を作製・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者様に合わせて作製し、インプラントに取り付けます。上部構造を支台部に取り付け、完成です。

4.メンテナンス

インプラントの治療後も、長い期間に渡って機能させるには、患者さん自身による確実なブラッシングと定期健診が必要です。医師の指示に従い、お口の中の清掃や定期健診を行ってください。

▲上部へ戻る

電話番号